石鎚神宮について


本殿と護摩堂
本殿と護摩堂

石鎚神宮では、古よりの神仏混淆の信仰を残し、霊峰石鎚山に坐します神仏をお祀りしています。

 

四国山地の中核をなす西日本最高峰・石鎚山は標高1,982メートル。

日本七霊山のひとつとして数えられ、修験の山として崇められてきました。

 

香川県三豊市にある石鎚神宮は修験道の祖・役行者小角(えんのぎょうじゃおづぬ)の

人民救済の教えを受け、本殿では石鎚大神、護摩堂では石鎚大権現をはじめ、

お山にまつわる諸神諸仏をお祀りしています。

 

石鎚山の神仏は、家内安全、病気平癒、商売繁盛、交通安全、良縁成就、学業成就、

厄除けなどの福徳があると伝えられ、多くの方より諸願成就の願いが寄せられています。


石鎚神宮では本殿にて厄払いも承っております。
厄年にあたられる方はどうぞお越し下さいませ。

【2016年(平成28年)に厄年となる方】

●男性(大厄)
前厄 1976年 昭和51年生(41歳)たつ
本厄 1975年 昭和50年生(42歳)うさぎ
後厄 1974年 昭和49年生(43歳)とら

●女性(大厄)
前厄 1985年 昭和60年生(32歳)うし
本厄 1984年 昭和59年生(33歳)ねずみ
後厄 1983年 昭和58年生(34歳)いのしし

●男女
前厄 1957年 昭和32年生(60歳)とり
本厄 1956年 昭和31年生(61歳)さる
後厄 1955年 昭和30年生(62歳)ひつじ


【主な行事】

 

○新年祭 元旦

 

○大祭 5月5日(こどもの日)

 

○奥之院大祭 7月8日

 

○月並祭 毎月1日


◆各種お祓い、ご相談等、お気軽にお問合せ下さい◆

〒769-1101香川県三豊市詫間町詫間7051-33

Tel0875‐83-4192 Fax0875-83-4592